外為初心者の方が市場の肝心なところを探し出すためには、第一に学習を重ねていく事が大事です。ブルーベリーの効果

とりわけ、未然に危険を気付くようにするようになるには間違いを積み重ねることも経験のひとつ。

ただし、マイナスになるといっても持ち直せないほど決定的な負けをしてはいけない。

小さいミスを数回重ねる事が、結論として自らの経験値を高めてくれるはずです。

この考えではまず初めは小さな額でトレードを行ない、そこで簡単な負けを経験することが必要です。

例えとして、100万円しか投資に回すお金のない方が全額投じて売り買いすると、ミスした時今後取り返せない危険性があります。

それよりは、ひとつの例として1割ずつ取引してこれで失敗や成功を積み重ねた方が、損を対応する技術なども身についていくはずです。

最初は少額資金でエントリーする事の有益なところは、先に書いたように己の経験値を高め損を回避する方法を学習していく事にありますが一緒に、売り買いの回数を増やすことによって、偶然性を削減する事ができるという良いところもあります。

例として、1度限りのトレードで儲けられる可能性が5割だとします。

すると、同じ条件で損が生じるリスクもあるということになります。

勝率5割ということは。

半分の割合で勝利できる事を表現しています。

しかし、全てを賭けてただ1回の売買をするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

そのままではたんに1度の丁半バクチと同じ。

つまり、全ての投資資金を使って1回しか売買しないとその分だけ大損する割合が高くなってしまいます。

そのため、投資するお金を1回に全部つぎ込むのではなく、何度かに分けて、投資機会を重ねる事がリスクコントロールとなります。

そしていくつかに分けたとしてもすべての取引で勝つ事は重要ではありません。

正確に言うと、全て勝つことは出来ないのが現実です。

トレードで必要なのは、どのように儲けるかである。

勝ち負けが同じでも、例えば勝率5割以下でも稼ぐ事は出来ます。

5割以上負けてもマイナスが少額ならばわずかな勝利の儲けの大きさだけでうまく儲けられます。

そのために大切な事は損失を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

損が出たら直ちに損失を確定して、勝った場合は可能な限り大きく利益を上げることが外為ビギナーがFX投資で勝つための手段です。