普通、クレジットカードの上限額があなたがいつも支払う金額より高くしていると余裕だと勘違いし無駄にクレカを使ってしまったりするようです。1歳 誕生日 ケーキ 注文

こうしたクレジットカードでの買い物のしすぎを抑制するために使用できる上限金額を低く決めておこう・・・ということが本文のメインとなる考え方です。ホワイトヴェール

月の利用限度額を引き下げる手順▽使っているカードの限度額を下げておく方法は利用限度額を増やすやり方と同じく、なんとも便利です。

手元のカードの裏面に記されている専用窓口にダイヤルして「月の限度額を引き下げてもらいたいです」というふうに担当者に伝えるだけ。

普通は現状の限度額に比べて低い金額であれば、時間を要する調査なしで変更ができます。

利用限度額を少なくするのは被害に遭わないようにすることとも結びついている△月の利用限度額をセーブしておくことは、自分をセーブできる等の良いことだけではなく被害に遭わないようにすることにもなります。

もし仮に、財布の中のクレカが誰かの手に渡り知らない間に使用された問題が発生しても、普段からクレジットカードの月の限度額を低く設定していたなら害をなるべく避けることも可能だからなのです。

心配する必要はないけれど、もし仮にクレジットカードが勝手に使用されてしまったような状況でもカード保有者に明らかな過失が確認できない限り盗難保険等で呼ばれる機能が利用者をサポートしてくれることになるから過度な心配は必要ないのですけれど、もしものことを想定して設定が高いならば月の限度額は低くしておくのも手です。

不必要な金額は百害あって一利なし・・・としか言えないでしょう。