自動車保険の一種に代理店式自動車用保険と言われているものがあります。代理店タイプのマイカー保険を解説すると、お店を経由してクルマ保険に加わる自動車保険のことです。ここで代理店経由の自動車用保険においてはどういった利点とリスクが見られるのでしょう?代理店型カー保険の第一の魅力はマイカー保険の専門家と質疑応答できるということです。保険を一人で判断しようとしても、専門用語理解できなかったりどんな補償が重要なものか突き止められないことがよくあります。加えて、必要な知識を得てから後に車保険を決めようとしたところで、長期的な学習が求められることになります。空き時間がある方々であればOK可能性もありますが、通勤しながらクルマ保険の専門用語を身につけるのはかなり重労働と思われますしとても面倒なことでしょう。とはいえ代理店申込みの車保険にすると自動車保険に関する見識がゼロでも、エキスパートがアドバイスをくれるおかげで事前に専門用語を学習する必要が存在しないです。かつ、質問が可能なので、実際に相談者に合ったクルマ保険を選べる確率大です。一方代理店タイプの保険の短所は限られた自動車保険のうちからしか自動車用保険を選定することができないことと金額の高額さでしょう。そもそも代理店サイドは、店が扱っている品々をおすすめしてくるものなので、限定された自動車用保険の中で保険を見つけないといけません。ということで、選択肢が狭くなってしまうという短所に注意しましょう。プラス代理店を通しているから、コストが増えるという弱点もあります。